フルボキサミン

うつ病や不安障害の治療に使われるお薬

フルボキサミンは、憂鬱な気分や不安感を減らし、意欲を高める薬です。

 

落ち込んだり、何もやる気が出なかったり、一つのことに集中できなかったり、眠れなかったりした時に、気持ちが前向きになるのを助けるお薬です。

 

また、不安や緊張をほぐして楽な気持ちにする働きもあります。したがって、うつ病とか社会不安障害に使われます。

 

気分にかかわる神経伝達物質にセロトニンがあります。

 

うつ病や不安障害の原因の一つとして、脳のセロトニンが少なくなっていることが、考えられています。

 

そのためにうつ病や不安障害では、脳内のセロトニンを増やすことが治療となります。

 

そのためにはセロトニンを合成するか、分解されないようにしなければなりません。

 

フルボキサミンはSSRIと言う種類の薬に属しSSRIはセロトニン選択的取り込み阻害薬のことで、分泌されたセロトニンが、吸収されて分解されるのを防ぐ薬です。

 

セロトニンの分解吸収を抑えて脳内のセロトニンの量を増やし、気分の落ち込みや社会不安を防ぐ作用があるのです。

 

フルボキサミンは、1999年に日本で最初に発売を許可されたSSRIに属する薬です。

 

この薬がセロトニン系だけの神経に働くので、ほかの種類の抗うつ薬に比べて、口の渇きや便秘や心臓に対する悪影響が減っています。

 

SSRIとしては後から発売された薬が1日1回の服用でいいのに対してこの薬は1日2回服用しなければならず、ほかのSSRIより使いづらいと言われています。

 

さらに、睡眠薬のラメルテオンと一緒に服用してはいけません。

 

うつ病の人には、眠れない人が多いので注意が必要です。

 

この特徴からうつ病で使用される場合が減ってきてはいますが、不安に対しての効果は、現在も定評があり、強迫性障害に対してはその効果に定評があります。

 

極めて少ない例ですが人によっては、衝動的になったり、攻撃性がらあらわれたり、かえって悪い結果を招く報告があります。

 

また、この薬を飲むのを止める場合、退薬症状(離脱症状)を起こす場合があるので、中止する場合は少しづつ減量をしていくことが大切です。

 

アレルギーがあったり、肝臓や腎臓の悪い人、そううつ病や躁病にかかったことのある人、出血性の病気や転換や緑内障のある人は、この薬を飲むと病状の悪化があるかもしれませんので注意が必要です。

 

子供の場合は有益性が、まだ確認されておらず、若い人にも悪い衝動を引き起こすと言う報告があります。

 

また、高齢者には、若い人のような副作用はありませんが、薬の代謝が遅れ血中濃度が上がる傾向にあります。

 

有効量には、個人差が大きいです。副作用が出ないように少量から開始して、良い効果の出る必要最小限の量まで増量します。

 

特に肝臓や腎臓の悪い人、若い人や高齢者の場合、注意が必要で、よく効いてくるまでに2〜3週間かかります。

 

飲み始めに吐き気がしても2週間くらいで収まることが多いです。

 

飲み始め屋増量をした時に気分が不安定になることがり、そのような時には医師に連絡が必要です。

 

自分の判断で急に使用を中止してはいけません。急に通死すると反動で症状が悪化したり、身体の具合が悪くなることがあります。

 

中止する時は医師の判断で徐々に減らしましょう。また、飲み忘れにも十分に注意しましょう。

 

うつ病では症状が良くなっても少量をしばらく飲み続けましょう。人によっては半年から2年間くらい飲む必要があります。

 

また、アルコールと一緒に飲むと副作用が出やすくなります。

 

眠気やめまいを起こすことがありますので、この薬を飲んだ時は車の運転に注意しましょう。

 

抗うつ薬は症状の改善を早めますが、うつ病の原因は治せません。

 

認知療法などを行いあせらず、ゆっくりと治療をしましょう。

やる気がでない、不眠、食欲不振が続くときに服用するお薬

うつ病とは一日中不安な気分でいることや何もやる気が起きないこと、眠れないこと、食欲がないなどといった症状が長く続く病気のことを言います。

 

その原因にはいろいろありますが、精神的なストレスや身体的なストレスなどが主な原因であり、脳がしっかり働かなくなってしまうのです。

 

うつ病というのは珍しい病気ではありませんし、そのままにしておくと自殺などの可能性もあるため、できるだけ早く病院で相談すると良いでしょう。

 

フルボキサミンはうつ病の人などにおすすめの薬であり、精神的な症状を改善して前向きになるためのサポートをしてくれるのです。

 

セロトニンと呼ばれる神経伝達物質があるのですが、この薬はセロトニンを再取り込みする物質の邪魔をします。

 

それによって神経の伝達が良くなるということです。

 

結果としてうつ状態が改善され、気分が楽になるといった効果を得られるのです。

 

一般的な抗うつ剤にはさまざまな副作用があるのですが、この薬は他の薬と比べてそのような副作用が起きにくいとされています。

 

フルボキサミンは気分が落ち込んで不安な状態になっている人や、いつも緊張した精神状態の人などに使われる薬であり、うつ病や社会不安障害、強迫性障害などの治療に効果的です。

 

うつ病というと精神的な症状だと考えている人も多いでしょう。

 

しかし、この病気になるととても辛いものですし、普段の生活にも支障が出てしまうことがあります。うつ病というのは早く治療をすればするほど治りやすいと言われているため、フルボキサミンなどの薬を利用すると良いでしょう。

 

強迫性障害とは悩んでいも仕方ないことを悩んでしまうという症状であり、細かいことが気になってしまうこともあります。

 

ちなみに、フルボキサミンは社会不安障害に効果がある薬としては初めて厚生労働省に認可されています。

 

今まで社会不安障害で悩んでいた人に有効な薬であり、高い効果を期待できるでしょう。この薬を服用する場合、副作用のことなどもしっかり確認しておきましょう。

 

副作用としては不安になることや落ち着かないこと、興奮するなどといった精神的な症状や汗をたくさんかく、発熱、下痢などといった症状が出てしまうことがあります。

 

このような副作用が出てしまうと不安になるかもしれませんが、服用をやめれば症状は治まるということです。

 

ちなみに、フルボキサミンはジェネリック医薬品となっており、ジェネリック医薬品とは元の薬と同じ成分で作られた薬です。厳しい基準をクリアして作られているため、その効果や安全性は元の薬とほとんど変わらないということです。

 

ジェネリック医薬品の場合は開発する時にかかる期間が短いため、費用が安くなるということです。

 

ジェネリック医薬品には元の薬と同じ成分が使われているのですが、薬のコーティング部分などは別の添加物などを使っていることがあります。

 

それによって効果が変わったり、副作用が変わったりすることもあるのです。フルボキサミンは安全性の高い薬なのですが、気になる症状が出てしまった場合は医師に相談すると良いでしょう。

 

この薬は併用する薬の効果を高めてしまうことがあるため、併用できない薬についてもしっかりチェックしておくことが大切です。

 

ジェネリック医薬品なのでさまざまな製薬会社が販売しているのですが、会社ごとに薬の効き方には違いがあります。

 

血中濃度がピークになる時間や効果が出なくなるスピードなどがそれぞれ異なっているということです。

 

不安や不眠に関しては比較的効果がすぐに出ることもありますが、一般的に効果が出るまでには2週間程度かかるとされています。

 

安定して効果を発揮するためには常に体の中に薬がある状態を作る必要があるため、規則正しく服用することが大切です。

 

規則正しく服用することで体の中に少しずつ薬が溜まっていくのですが、1週間程度で体内の薬の濃度が安定します。

フルボキサミン